Docker Composeで作った複数人プロジェクトで、共有しやすいRails開発環境をアプデした。160906版

  • POST

前回、Docker Composeで始める複数人プロジェクトで、共有しやすいRails開発環境を作った(たぶん) を書きましたが、この時の構成より良い方法があったので、アプデしました。

したこと

mariadbのコンテ周りを中心に見直すPR でdocker-composeの構成を見直しました。

一番大きな変更

# docker/mariadb/Dockerfile 
FROM mariadb:latest
RUN usermod -u 1000 mysql
RUN mkdir -p /var/run/mysqld
RUN chmod -R 777 /var/run/mysqld

を削除して、 docker-compose.yml 側で

rails_db:             
  image: mariadb:10.0 

Docker Composeで始める複数人プロジェクトで、共有しやすいRails開発環境を作った(たぶん)

  • POST

2016/09/06 アップデートしました

はじめに

Macとかで開発していると、Rubyのバージョンが揃えにくかったり、gem依存が…とか発生したりしますよね? かと言って、vagrantは重いし、、確かにboxを作れば共有はできるけど、、思いし

よし!それならDockerやん?と思っても、最近まで Docker For Mac じゃなくて、docker-machine でvb依存してるし…なぁ だったんですが、For mac の登場で、不便さがなくなったので、このタイミングでみんなDockerでやろうよ!
と言いたくて、色々継続開発しやすい?環境を模索してみました。

そして

よくネットに書かれている、Rails+Dockerの方法だと
Gemfile を更新するたびに、docker-compose build (イメージビルド)し直して、
docker-compose up コンテナ立ち上げみたいになってしまい、
実開発には少し不便だなーと思って、今回運用しやすいのではないか?環境を作りまとめました。

今回作成した物
https://github.com/shinofara/rails_docker_compose

Terraformのバージョンに悩む問題をDockerで解決しよう

  • POST

複数の環境を持ってたり、それを複数人で管理してたりすると 作成したstateのバージョンだったり作業環境のTerraformのバージョンだったりを同じじゃないことってありますよね。

例えばAでは0.6.xしか実行してなかったけど、Bでは0.7.xで運用を開始したり それをMacで運用してるとAを更新する際に、0.7.xで実行することになっちゃって、フォーマットエラー….かなしい

なので、ローカルインストールしたバージョンに依存する事なく、A,Bのように環境が違っても、実行者が違っても同じバージョンで運用出来るようになるととても幸せ ※でも、早めにバージョンはあげようよ!!

そんな時に便利なのが、実行環境をDockerコンテナ!!