Docker Composeで作った複数人プロジェクトで、共有しやすいRails開発環境をアプデした。160906版

  • POST

前回、Docker Composeで始める複数人プロジェクトで、共有しやすいRails開発環境を作った(たぶん) を書きましたが、この時の構成より良い方法があったので、アプデしました。

したこと

mariadbのコンテ周りを中心に見直すPR でdocker-composeの構成を見直しました。

一番大きな変更

# docker/mariadb/Dockerfile 
FROM mariadb:latest
RUN usermod -u 1000 mysql
RUN mkdir -p /var/run/mysqld
RUN chmod -R 777 /var/run/mysqld

を削除して、 docker-compose.yml 側で

rails_db:             
  image: mariadb:10.0 

Docker Composeで始める複数人プロジェクトで、共有しやすいRails開発環境を作った(たぶん)

  • POST

2016/09/06 アップデートしました

はじめに

Macとかで開発していると、Rubyのバージョンが揃えにくかったり、gem依存が…とか発生したりしますよね? かと言って、vagrantは重いし、、確かにboxを作れば共有はできるけど、、思いし

よし!それならDockerやん?と思っても、最近まで Docker For Mac じゃなくて、docker-machine でvb依存してるし…なぁ だったんですが、For mac の登場で、不便さがなくなったので、このタイミングでみんなDockerでやろうよ!
と言いたくて、色々継続開発しやすい?環境を模索してみました。

そして

よくネットに書かれている、Rails+Dockerの方法だと
Gemfile を更新するたびに、docker-compose build (イメージビルド)し直して、
docker-compose up コンテナ立ち上げみたいになってしまい、
実開発には少し不便だなーと思って、今回運用しやすいのではないか?環境を作りまとめました。

今回作成した物
https://github.com/shinofara/rails_docker_compose

Terraformのバージョンに悩む問題をDockerで解決しよう

  • POST

複数の環境を持ってたり、それを複数人で管理してたりすると 作成したstateのバージョンだったり作業環境のTerraformのバージョンだったりを同じじゃないことってありますよね。

例えばAでは0.6.xしか実行してなかったけど、Bでは0.7.xで運用を開始したり それをMacで運用してるとAを更新する際に、0.7.xで実行することになっちゃって、フォーマットエラー….かなしい

なので、ローカルインストールしたバージョンに依存する事なく、A,Bのように環境が違っても、実行者が違っても同じバージョンで運用出来るようになるととても幸せ ※でも、早めにバージョンはあげようよ!!

そんな時に便利なのが、実行環境をDockerコンテナ!!

Golang 1.7がもうすぐでるので、一旦1.7rc1を使って、1.5, 1.6, 1.7でどの様にビルド後のファイルサイズが変わったのか、ビルド速度が変わったのか検証してみた

  • POST

golang 1.7 がもうすぐ出そうですね!!

Due to changes across the compiler toolchain and standard library, binaries built with this release should typically be smaller than binaries built with Go 1.6, sometimes by as much as 20-30%.

コンパイラ ツール チェイン、標準ライブラリが変更されたのため、このリリースでビルドされたバイナリは 20-30% で時々 行く 1.6 ビルドされたバイナリより小さい通常はずです。
by http://www.bing.com/translator

と会ったので、よし検証してやろうじゃないか。さくっと簡単に